広島ソウルフードの歴史

広島ソウルフード・B級グルメの歴史は大東亜戦争後1945年以降の広島県の復興そのものです。

一銭洋食(小麦粉とキャベツのみを焼いてソースで味付けした戦後のソウルフード)から生まれたお好み焼きは、戦争で夫を亡くしたお母さんたちが自分と子どもが生きていけるようにと始まりました。そして自分の名前をとって「〜ちゃん」というお店で開業され、今でも当時の名残が沢山あります!

一銭洋食

豚骨醤油スープでで有名な広島ラーメンの始まりも戦後の復興時から産声をあげました!

そして戦艦大和の街「呉」の名物の細うどんは呉にあった海軍基地の海兵さんがいつでも出動できるように湯で時間を少なくするために細く打ったのが初まりです。

このように戦時中のアジア解放や、戦後の焼け野原から見事に復興した広島県民のパワーの源がこの街には沢山あります。

広島のすべてが詰まったソウルフードを是非ともご堪能していただけたら光栄です!!

オタフクソース

オタフクソース

オタフクソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Soulfood SNS